ホワイトニングに役立つ情報サイト

ホワイトニングの光で歯が白くなる仕組み

ホワイトニングの光で歯が白くなる仕組み クリニックで行うホワイトニングで歯が白くなる仕組みは、薬剤に含まれている過酸化水素が内部まで浸透して色素と反応し色素を分解することで白くします。
これはセルフだと効果はありません。
オフィスホワイトニングだとエナメル質の構造をすりガラス状に変化させて、光を乱反射させることで象牙質の色を見えなくさせて、それでより白く見えるように出来ます。
歯科医院と、エステ店で行っているセルフホワイトニングだと効果に違いがあり、セルフは自分で歯にジェルを塗るもので医薬品は使えません。
これだと歯の汚れを取る程度の効果で元々の色以上に白くはなりません。
何回通っても、真っ白になることはないので注意です。
クリニックでは内部から白くする医薬品を使えるので、本来の色以上に真っ白に出来ます。
単なるホワイトニングを行うのではなくて、高い技術やサービスを提供できるように国家資格を持った歯科医師または衛生士が担当します。
中には薬剤にアパタイトが配合されていて、これはエナメル質を再石灰して強くして、受けるたびに再石灰化されるため歯を強くして虫歯予防も出来ます。

ホワイトニングを安全に行うために気をつけること

ホワイトニングを安全に行うために気をつけること 歯は人の印象を大きく左右してしまうポイントの一つなので、白く改善しようとするのは賢明な判断です。
着色汚れがあると、汚いイメージを持たれてしまいます。
ホワイトニングは歯医者で行う場合は知識を持っている歯科医にしてもらえるので大丈夫ですが、自分で行う場合は気をつけなければいけません。
ホワイトニングは基本的に安全ですが、副作用が全くないわけではありません。
副作用は知覚過敏が挙げられます。
安全にホワイトニングを行うためには、医師の指示の通りに行うことが重要です。
回数や時間を多くすれば効果があると勘違いしている方がいますが、そういう方は副作用などの問題が生じやすくなります。
また、歯や歯茎などに違和感がある場合は、すぐに医師に相談するようにしてください。
我慢していたことで症状が悪化してしまい、治すのに時間がかかってしまうことがあります。
初期段階で診てもらえれば、すぐに治すことができるので、早めに対処するべきです。

新着情報

◎2021/1/31

サイト公開しました

「ホワイトニング 安全」
に関連するツイート
Twitter

実際にチョコザップに行ってるわけではないのだけど、ジムだけじゃなくカラオケとかランドリーとかネイルとかホワイトニングとかできるようになってるのを見ると、実はみんな「ぼんやりとした目的意識をぼんやりといろいろ遂行できる手頃で安全な公共空間」を求めていたんじゃないか?と思えてくる

返信先:だと思うよ ホワイトニングは歯医者さんの方が安心安全

禊して朔日参り‼️と家出ようとしたらホワイトニング🦷✨案内(と骨盤矯正)特訓❗️ という事で仕事前に呼ばれました💦 ホワイトニングは前からどこかでやってみたかったけどフッ素使うのは松果体石灰化しちゃうって聞いてたし知らないで入ってたら怖いし… 仕事先のは安全なの知ってるし楽しかったです😆